株式会社ライトシティ

タグ『葬儀』のページ一覧

お問い合わせはこちら

タグ『葬儀』のページ一覧

タグ『葬儀』のページ一覧

page

大正時代では霊柩車が庶民の間でも使用され始めました。しかし、全員が火葬場を利用したかというとそうではありません。まだ地方では土葬、露天焼きを行っていたといいます。全国での火葬率は36.2%だっ…

明治時代になり、すべての寺院墓地が国有地になり、明治5年に法律によって、自葬祭が禁止されました。自葬祭とは神主や僧侶に依頼せず、自分達で行う葬儀のことです。これにより葬儀は全て神主や僧侶によ…

引き続き江戸時代の葬儀についてです。現代では生前葬を執り行う方もいますが、実は生前葬は江戸時代からあったそうです。亡くなった方と同様に棺や香花などが用意され、本人は白装束を着て棺の中に入り…

江戸時代では人が亡くなるとご遺体をむしろの上に移し、逆さ屏風を立て、枕元に小机を置き、樒と香を供えて旦那寺に死亡の知らせを告げます。死の知らせを受けた寺院は検僧を派遣して死者が変死ではない…

江戸時代になり、葬儀の行い方も様々になってきました。この時代になって神主の他に登場してくるのが輿屋や棺屋です。輿屋とは葬儀用の輿や道具を作る人、家のことを指します。また輿や駕籠などを作る家…

安土桃山時代になると戦が盛んに行われていた時代で、代表人物として豊臣秀吉や織田信長、徳川家康などがあげられます。またフランシスコ・ザビエルもこの時代に日本に来日して、南蛮文化や西洋文化が触…

鎌倉、室町時代では浄土宗や浄土真宗といった鎌倉仏教が一般的に普及し始めた時代です。そして火葬も広く利用されてくるようになりました。しかし、火葬ができるといっても火葬場があまりなく、火葬技術…

奈良、平安時代になって仏教が広まりを見せ、近畿地方を中心に火葬の風習も広まりも見せました。火葬を行うにあたって、骨壺もこの時代から出てきました。この時代の骨壺は土器を使用していました。奈良…

飛鳥時代には薄葬令によって、古墳を作るにあたっての大きさや造形における期間、人員などが細かく制定されるようになりました。これにより大型の古墳が作られなくなりました。701年には大宝律令が制定さ…

伸展葬とは、身体全体を伸ばして埋葬する方法で、手足を折り曲げて埋葬する屈葬とは反対で寝た姿勢での安置方法です。縄文時代後期から行われていたとされ、土壙墓というお墓に埋葬されていたそうです。…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。